【ガンダム】水星の魔女を考察!スレッタとエアリアルの謎について!

*本ページには掲載リンク及びバナーには広告(PR)が含まれております。

マンガ・アニメ

こんにちは、スキマです。

今季から始まった「機動戦士ガンダム 水星の魔女」ですが、最新話が放送される度に謎が増えていきます。特に主人公スレッタとガンダムエアリアルの謎は深まるばかりです。

今回は前日譚「PROLOGUE」~第6話「鬱陶しい歌」の情報をもとにスレッタ、エアリアルについて考察していきたいと思います。

関連記事:『水星の魔女』考察 ヴァナディース機関の壊滅はスペーシアン、アーシアン対立のせいだった?


(☆本ページにはプロモーションが含まれております)

スポンサーリンク

21年前の復讐とスレッタの年齢矛盾

第6話「鬱陶しい歌」でスレッタの母親プロスぺラが、ヴァナディース機関の生き残りのベルメリアと再会します。ベルメリアはプロスぺラがエルノラだと気が付き、「今さら21年前の復讐なんて無意味です」と話します。

ベルメリアが言っていた「21年前の復讐」がMS開発評議会によるヴァナディース機関虐殺(前日譚「PROLOGUE」)を指すのであれば、当時4歳で現在17歳のスレッタの年齢と大きく矛盾することになります。

考察では「スレッタはエリクトではないのではないか?」「21年前の復讐が前日譚より前のことではないか?」「スレッタはエリクトのクローン、もしくは妹ではないか?」「スレッタがコールドスリープしていたのではないか?」など出ています。

第6話ではプロスぺラは仲間との電話で「大丈夫、エアリアルは勝つわ。私の可愛い娘だもの」と言っていました。比喩でエアリアルのことを娘と言っていたのか、それとも別の意味で言っていたのか、真相は謎です。

スレッタには兄弟がいる?

第5話「氷の瞳に映るのは」で地球寮でスレッタはアリヤから占いをしてもらっていました。占い結果で兄弟の暗示が出たため、アリヤから「この石は兄弟とか?」と聞かれていました。スレッタは兄弟はいないと答えていました。

この場面は21年前の復讐とスレッタ年齢矛盾と合わせて考察されており、スレッタが知らないだけで実は「兄弟またはクローンがいるのではないか」と噂されております。もしくは兄弟に近しい意味でエアリアルのことを指しているのかも知れません。


心身負荷がないエアリアルの謎

第5話「氷の瞳に映るのは」ではエアリアルの秘密を探るためにエランがエアリアルに搭乗し、GUNDフォーマットを発動させます。エランはエアリアルとリンクすることに成功しますが、GUNDフォーマットが危険視された原因である心身負荷は全くかかりませんでした。

この場面からスレッタ以外がエアリアルのGUNDフォーマットを発動させても心身負荷がかからないことが判明しました。

第2話「呪いのモビルスーツ」でプロスぺラがエアリアルに関して、「エアリアルはガンダムではありません。我々、シン・セーが開発した。新型ドローン技術です」と話しています。

エアリアルに搭載されている新型技術は何なのか、そもそも水星という資源、技術力が乏しいとされている惑星で開発出来たことに疑問が残ります。

エアリアルには一体何が組み込まれているのでしょうか。


エアリアルの中身は何者? 少女の笑い声が聞こえるガンビット

第6話「鬱陶しい歌」でスレッタとエランは決闘します。決闘中にエランはエアリアルのガンビットから子どものシルエットと笑い声を聞きます。このことに関してスレッタは「今日はいつもより声、聞こえた気がする」と話していることから、スレッタには常に声が聞こえていると考えられます。

公式小説「ゆりかごの星」ではエアリアル視線で小説が書かれており、エアリアルには自我があることは分かっていました。第6話ではエアリアルの中には少女がいることがさらに分かりました。

エランとの戦闘、第5話「氷の瞳に映るのは」の占いを合わせて考察すると以下のことが分かります。

・ガンビットをよく見ると、一つ一つに個性があるかのような動きをしている
・ガンビットひとつが落とされそうになった時に、必死に他のビットたちが守りに入った(修復できない、替えが効かない?)
・エランの目の前に現れた子供のシルエットは複数
・占いで、きょうだいを示す石が転がった場所はXII
・ビットの数は11で、エアリアルも合わせると12

エアリアルどころかビット一つ一つに自我があり、全てスレッタの兄弟ではないかという可能性が出てきました。少なくともスレッタがガンビットを操作している際、「お願いみんな力を貸して!」と呼びかけていることから複数の自我が宿っていることは確実かと思います。

考察では「スレッタの意識が分裂してエアリアルに流れ込んだのではないか?」「スレッタはクローンで他の兄弟の意識がエアリアルにあるのでは?」「スレッタとエリクトは別人で、エリクトの自我がエアリアルにあるのではないか?」「他のテストパイロットの自我ではないか?」とあります。


まとめ

真面目で一生懸命なスレッタと自我を持つエアリアルですが、最新話が放送にされる度にどんどん謎が深まるので、考察がとても楽しいです。

エアリアルの自我があることは分かっていましたが第6話で複数の自我があることが分かったのは衝撃でしたね。どのようにしてエアリアルに自我が複数生まれたのか、今後の展開が非常に楽しみです。

『水星の魔女』の放送を見逃した方はdTVU-NEXTアマゾンプライムなどの動画配信サイトからも見ることが出来ます。11月13日(日)は1話から最新話までの振り返り放送となっており、おすすめです。

以上、スレッタとエアリアルの謎についてでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました