【漫画】おすすめホラー漫画6選

*本ページには掲載リンク及びバナーには広告(PR)が含まれております。

マンガ・アニメ

こんにちは、スキマです。今回は夏に読むのがピッタリなホラー漫画を紹介します。紹介する漫画は私が読んだことある漫画の中で特に怖く、強く思い出に残っているものになります。ホラー漫画を探している方は是非参考にしてみて下さい。




スポンサーリンク



裏バイト:逃亡禁止/田口翔太郎

とある事情で大金を求める女性2人組・黒嶺ユメと白浜和美。彼女たちがする仕事は「裏バイト」。毎回のように怪異や人間たちから命を狙われながら仕事を行う。

Wikipedia 裏バイト:逃亡禁止


登場する怪異が貞子レベルのチート級なのが面白い。人の手ではどうにもならないので、怪異を上手く回避しながらバイトこなしていく主人公二人にハラハラする。怪異以外でも主人公二人の絆を見て、生き残って幸せに歩んで欲しいなと思ってしまう。ページを開いた瞬間に息を飲むような絵、展開が飛び込んで来るのがたまらく面白い。


フランケン・ふらん/木々津克久

生物学者によって造られたつぎはぎだらけの人造美少女「ふらん」が得意の人体改造技術で人々に貢献しようとするホラー・コメディで、体にまつわる問題を抱えた依頼人が毎回現れ、彼女がその外科技術を以って問題を解決するという内容。

Wikipedia フランケン・ふらん


倫理観が崩壊したブラック・ジャック!天才的な知恵と手術の腕前を持つ主人公だが、倫理観がぶっ飛んでおり、とんでもない方法で依頼人の願いを叶えてくれるのが面白い。愛犬を生き返らせるために中年男性の身体と愛犬の脳みそを合体させるとかある・・・しかも、ハッピーエンドだけで終わらない、どんでん返しがあるのがさらに面白い。

食糧人類-Starving Anonymous-/原案:水谷健吾、原作:蔵石ユウ、作画:イナベカズ

地球温暖化が深刻化した現代日本。3月にも関わらず真夏のような装いを見せていた。画家志望の男子高校生の伊江と友人のカズは帰宅中に誘拐される。目を覚ました伊江が目の当たりにしたものは丸々と肥え太った人間とそれを解体する職員だった。伊江は人間の飼育場で出会った山引、ナツネとともに異様な施設からの脱出を試る。

Wikipedia 食糧人類-Starving Anonymous-


人類を捕食する生き物が登場するが、この生き物も神様レベルのチートで絶望感が凄い。しかも、頼れる大人は全員闇落ちしている。人間が食用にされるとこんな感じになるのかと思ってしまった。内容が濃厚なのに7巻完結なのが凄い漫画。


カラダ探し/著:村瀬克俊、原案:ウェルザード

時間のループに取り込まれ、毎晩のように真夜中の校舎で血まみれの少女の霊に追われて殺され、時間を前日の朝まで戻されて蘇生するという毎日を繰り返しながら、バラバラに分割された人体のパーツを探索して集めていくというデスゲームに巻き込まれてしまった高校生たちの恐怖と奮闘を描く。

Wikipedia カラダ探し

人気の携帯ホラー小説の漫画版。夜の学校で同級生のバラバラ遺体を探す時点でめちゃくちゃ怖い赤い人が殺しにかかってくるので全力で逃げようとするのが、ホラーの王道ぽくて好き。学生時代に読んでいたら日が暮れる前に帰宅を心掛けていたと思う漫画。


地獄先生ぬ〜べ〜/原作:真倉翔、漫画:岡野剛

「鬼の手」を持つ霊能小学校教師の「ぬ〜べ〜」こと鵺野鳴介が児童を守るために、妖怪や悪霊を退治する学園コメディーアクション。友情、努力、勝利というジャンプ従来のコンセプトに加え、ホラー、都市伝説、怪談、ラブコメディ、教養、お色気など様々な要素を採り入れ、バリエーションに富んだ展開と個性豊かなキャラクターが繰り広げるストーリー

Wikipedia 地獄先生ぬ〜べ〜

少年ジャンプ連載とは思えないトラウマレベルの話が沢山ある。個人的にてけてけ回、ブキミ回、七人ミサキ回が怖すぎた。覚えないと死ぬ系、成り替わる系は怖い。物語は怖いが、ぬ~べ~先生は優しくて強くて何があっても生徒のことを守り抜く姿がとても男前でめちゃくちゃカッコいい!憧れの先生ナンバーワンです。文庫本だと作者二人による対談も読める。その対談が当時の連載状況が分かり、とても面白いので読んでほしい。


鬼畜島/外薗昌也

殺人鬼が住む島に取り残された大学生たちが体験する異様な世界を描く。基本的にはスプラッタ・ホラーだが、オカルトの要素も描かれている。

Wikipedia 鬼畜島

生理的に受け付けない描写が多いのに読んでしまう魅力があるスプラッターホラー漫画。主人公サイド(人間)がどうしようもない人間が多すぎて、人外サイドの方がまともなんじゃないかと思うがそんなこともなく地獄。マリちゃんが話が進むごとにどんどん可愛くなるから困る。


まとめ

いかがだったでしょうか。上記の漫画は印象に残りすぎて、私は夜寝るときにふっと思い出すことがあります。以上の漫画はイーブックジャパン、まんが王国等のサイトからも読めます。スマホから簡単に読めるので、気になった方は是非試し読みしてみて下さい。以上、紹介になります。ありがとうございました。

以上



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました