【新築】建売住宅の購入費用を抑える方法5選!【値引き】

*本ページには掲載リンク及びバナーには広告(PR)が含まれております。

その他

こんにちは、スキマです。

今年、新築の建売住宅を購入しました。その時に「住宅購入費用を抑えるために行ったこと」や「こうしておけばもっと費用を抑えられたと思うこと」があったので、紹介します。

数百万単位で住宅購入費用を抑えることができるので、是非試して見て下さい。


関連記事:【新築】建売住宅を購入して感じるメリット、デメリットを紹介!

旅行記事:【旅行費用・旅行コース】4泊5日夏の北海道、新婚旅行レポ①

旅行記事:【2022年最新】USJのシングルライダーはどれぐらい待ち時間を短縮できるのか【検証】

旅行記事:【2023年最新】Nintendo OSAKAへ行くときの注意点!【整理券】

旅行記事:【最新】2023年おすすめ没入体験型アトラクション【イマーシブ体験】


スポンサーリンク

国や市の住宅購入の補助金を使う

こどもみらい住宅支援事業【公式】
「こどもみらい住宅支援事業」の公式サイトです。

住宅購入や中古物件をリフォームする際に国から補助金が出ることがあります。

私たち夫婦は「こどもみらい住宅支援事業」を使い、100万円の補助金を頂きました。

こどもみらい住宅支援事業

39歳以下もしくは18歳未満の子どもがいる夫婦が対象。購入する住宅がZEH住宅、高い省エネ性能を有する住宅、一定の省エネ性能を有する住宅であれば補助金が60万~100万貰える制度。

他にも住んでいる市から移住者の補助金を頂くことができ、合わせて200万ほど補助金を頂けました。

住宅を購入する際は国や市町村の補助金を使うのがおすすめです。

「購入する住宅が補助対象か分からない」場合は住宅メーカーや不動産屋に相談すると調べて貰えるので、是非聞いてみて下さい。


住宅メーカーから直接購入する

不動産屋を使って住宅を購入する方が多いと思います。不動産屋を通して購入すると当たり前ですが手数料がかかります。

私たち夫婦は不動産屋経由だったため、手数料として80万ほど支払いました。

不動産屋を通したことで手続きがスムーズにできたので、不動産屋を通したことに後悔はありませんが、今思うと「不動産屋ではなく、住宅メーカーから直接購入した方が安かったな」と思います。

住宅購入の際は住宅メーカーから直接購入出来ないか調べてみると良いかも知れません。


値下げ物件を購入する

建売住宅は完成して6ヶ月すると値下げされることが多いです。私たち夫婦が購入した住宅も100万円値下げされていました。

他にも分譲住宅で南向きでない、間取りや駐車場が少し狭いなどの理由で、売れ残っていた住宅が300万値下げされていました。

住宅メーカーの決算時期(3月)や分譲住宅の中で2、3棟売れ残っていると値下げされやすいので、住宅メーカーに値下げ交渉をすると応じてもらいやすいです。

ただし、建売住宅は早い者勝ちのため値下げを待っていると完売する可能性があります。お気に入りの物件は値下げを待たずにすぐさま買うことをおすすめします。



住宅ローンは金利や手数料が安い所を選ぶ&住宅ローンを比較する

住宅ローンはネット銀行(auじぶん銀行、住信SBIネット銀行)の金利が安いため、住宅ローンを安く抑えたい方はネット銀行をおすすめします。

ただ住宅ローンに関しては金利の他にも

  • 住宅ローンの団信の保証が充実している
  • 住宅ローンの審査が通りやすい
  • 手数料が安い

などが重要になってくるので、比較してどの銀行(住宅ローン)が一番自分や家族にとって、メリットになるか考える必要があります。

住宅ローンの審査は4週間以上かかる場合があるので、住宅ローンの審査だけは早めにやっておくことをおすすめします。

【新築】建売住宅を購入して感じるメリット、デメリットを紹介!」で何故早めに住宅ローンの準備しておく必要があるのか、詳しく解説しているので、こちらもご覧ください。


オプションを付けずに自分達で出来ることはやる

ライトやカーテンはニトリで揃えて取り付けました。

住宅メーカーや不動産屋にオプションを頼むと相場より高いため、オプションをなるべく頼まずに自分たちで手配しました。

オプションというとカーテンレール、キッチンボード、エアコン、アンテナ等になります。

カーテンレールは自分達で取り付けを行い、キッチンボードも家具屋から購入して自分達で組み立てました。エアコン、アンテナは業者や家電メーカーを調べて、取り付けを行ってもらいました。

物によって数十万と費用を抑えることができるため、建売住宅の購入費用を抑えたい方は他に安いメーカーや業者がいないかを調べてから購入することをおすすめします。


まとめ

以上が建売住宅の購入費用を抑える方法になります。特に国や市町村からの補助金は金額が大きいので、調べておくことをおすすめします。

以上、「【新築】建売住宅の購入費用を抑える方法5選!【値引き】」でした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました